不労所得が欲しいから株投資

SEの日本株投資。IT系多め。

【新規購入候補】テクマトリックス (TechMatrix)の株価予想・企業分析

総合商社ニチメン(現:双日)の情報システム会社として創立された独立系システムインテグレーター で、商社のノウハウを活かした海外パッケージ・ソフトウェアの代理販売が主要ビジネス。ネットワークやセキュリティ関係に強みを持つ。現在は双日との資本関係はなく独立系システムインテグレーター。また、2011年〜2015年まで楽天と30%程度の資本関係があったが現在は解消している。

会社概要

ITを軸に幅広い事業領域を持っている。海外パッケージ導入をメインにした情報基盤事業だけでなく、クラウドサービスの提供にも乗り出している。

情報基盤事業

ネットワーク、セキュリティ製品の導入を軸に、システム設計・構築・運用保守を担う。24時間365日の運用監視サービスも提供している。

アプリケーション・サービス事業

  • 医療・CRM・金融・インターネットサービスなどの分野でクラウドサービスやソリューションの提供を行う。
  • 組み込みソフトウェアを中心に、品質保証のためのテストツールの販売なども行う。

各種指標

PER:29.75倍
PBR:3.71倍
EPS:81.10
配当利回り:1.12%

※2019/12/20時点

業績推移

  • 情報基盤事業、アプリケーション・サービス事業共にストック比率が高く、リーマンショック時にも売上は前年を上回っており、IT業界ではかなり珍しく景気後退局面でも安定成長を誇る。
  • 営業利益率も年々上昇しており、変動費比率も低いと見られることから、今後も売上の情報と共に営業利益率も上昇が期待できる。 f:id:pmppd:20191222173625p:plain f:id:pmppd:20191222174028p:plain

購入するかどうか

  • 景気後退局面にも強そうなため、景気後退局面でSHIFT、手間いらずから少しずつ乗り換えて行く候補として考えています。
  • また、景気後退局面では他のIT銘柄と同様に叩き売られそうなため、そのタイミングで拾っても面白そうです。
  • とりあえず推移の観察用に100株だけ購入を検討しています。

2019年11月運用成績

2019年11月時点のポートフォリオと運用成績です。

損益サマリー

取得金額 資産金額 損益(円) 損益(%) 日経比較 前月比較
3,136,600円 4,073,800円 937,200円 +29.88% +21.43% +573,600円

購入銘柄

2019年11月に購入した銘柄はありませんでした。

損益推移

2019年11月末時点の損益。 f:id:pmppd:20191207113106p:plain

ポートフォリオ保有銘柄と損益)

2019年11月末時点のポートフォリオ

銘柄 取得金額 現在評価額 損益(円) 損益(%) 日経平均比較
2815
アリアケジャパン(株)
¥655,000 ¥781,000 ¥126,000 19.24% 8.77%
6409
(株)キトー
¥292,200 ¥331,800 ¥39,600 13.55% 1.13%
2477
手間いらず(株)
¥432,000 ¥603,000 ¥171,000 39.58% 30.39%
3697
(株)SHIFT
¥1,757,400 ¥2,358,000 ¥600,600 34.18% 27.32%

2019年11月の主なIRニュース

アリアケジャパン

第42期(2020年3月期)第2四半期 決算説明会資料

  • アジアは昨年から微減
    中国は受注減、コスト増により増収減益。台湾は既存顧客からの受注増により増収増益。インドネシアは日本向けの生産・輸出が順調
  • 欧州は売上拡大し増収増益

キトー

2020年3月期 第2四半期 決算説明資料

  • 市場の先⾏き不透明感は続くが需要環境は底堅く、ほぼ期初の予想どおり進捗
  • 日本、北米、中国は前年と同程度。韓国、台湾の投資需要は低迷が続く見通し。欧州は幅広い産業で緩やかな需要拡大を見込む。
  • 業績予想は5%程度の下方修正も、配当は当初の予定通り10%弱の増配予定。
  • 業績の下方修正があり、かつ販売管理費が増加していることが少し気になりますが、すぐに売却を考えるほどのものではなく、全体としては大きな問題はないと思っています。

手間いらず

2020年6月期 第1四半期 決算説明資料

  • 売上高:前期比26.1%増、営業利益:前期比50.4%増
    ITサービスの提供であり、固定費の割合が低く売上高の増加以上に営業利益が伸びているようです。販売管理費もほとんど上昇が見られず、営業利益率70%超えと、驚異的な高利益体質となっているようです。

SHIFT

  • 特になし

まとめ

  • 好決算によりSHIFT、手間いらずが大幅に上昇しました。大きく状況が変わらない限り、しばらくは保有しようと思っていますが乗り換え先やその他銘柄も調べようと思います。

2019年10月運用成績

2019年10月時点のポートフォリオと運用成績です。

損益サマリー

取得金額 資産金額 損益(円) 損益(%) 日経比較 前月比較
3,136,600円 3,500,200円 363,600円 +11.59% +4.85% +137,500円

購入銘柄

2019年10月に購入した銘柄です。
SHIFTの決算を確認して、変わらず順調に推移していたため100株購入しました。その後も株価が思ったより上がっていなかったので、さらに追加で200株購入しました。

銘柄 購入数 取得単価
SHIFT(3697) 300株 5,858円

損益推移

2019年10月末時点の損益。 f:id:pmppd:20191110143202p:plain

ポートフォリオ保有銘柄と損益)

2019年10月末時点のポートフォリオ

銘柄 取得金額 現在評価額 損益(円) 損益(%) 日経平均比較
2815
アリアケジャパン(株)
¥655,000 ¥842,000 ¥187,000 28.55% 19.82%
6409
(株)キトー
¥292,200 ¥332,200 ¥40,000 13.69% 3.04%
2477
手間いらず(株)
¥432,000 ¥463,000 ¥31,000 7.18% -0.29%
3697
(株)SHIFT
¥1,757,400 ¥1,863,000 ¥105,600 6.01% 0.83%

2019年10月の主なIRニュース

アリアケジャパン

  • 特に更新情報なし

キトー

2019年3月期 アニュアルレポート」が公開

  • 日本、北米市場が堅調に推移する見込み。民間設備投資に加えて、インフラ関連向け投資需要も好調
  • 中国では製品品質が評価され、シェアが上昇中
  • アジア全体では自動車産業を中心に緩やかに成長見込み

手間いらず

  • 特に更新情報なし

まとめ

  • SHIFTを300株を購入したため、手間いらずと合わせてIT業界の高成長株の割合が大きくなっています。株価後退局面での影響が大きいため、SHIFTがある程度上昇したら100株か200株は売ろうと思っています。
  • 11月はアリアケジャパン、キトー、手間いらずの決算があるため、注視しようと思います。

ノルウェー政府年金基金の日本株保有銘柄(2019年)

新規購入する銘柄を探すため、ノルウェーの政府系ファンド「ノルウェー政府年金基金(GPF)」の日本株保有銘柄を調べました。銘柄数が多いので、2019年度に新規で購入しているもの、大きく買い増している銘柄のみを抽出しています。
これをきっかけにキトー(6409)を購入しました。

ノルウェー政府年金基金とは?

  • 約110兆円を運用する世界最大規模の政府系ファンド
  • 石油・天然ガスで得られた収入を元に、将来的の生産減少に対する備えとして運用
  • 日本株は中小型株の成長株が多い
  • 1997年末~2017年末の20年間で+226%(年平均+6.1%)もの運用成績を上げている f:id:pmppd:20190922142318p:plain https://www.nbim.no/en/

ノルウェー政府年金基金ポートフォリオ

株式・債券・不動産の割合

f:id:pmppd:20191014174100p:plain

地域比率

f:id:pmppd:20190929095402p:plain

アジア比率

f:id:pmppd:20190929100134p:plain

日本株保有銘柄

全部で1,570銘柄、約6.1兆円とかなりの数保有していました。
全上場銘柄が3,700弱、全上場企業の時価総額が600兆円弱のため、銘柄数で半数近く、時価総額では1%程度を保有していることになります。

昨年度末時点の銘柄一覧 www.nbim.no

2019年度新規購入&買い増し銘柄

2019年に新規購入された銘柄、2018年度から持ち株比率で1%以上買い増された注目銘柄のみ抽出しました。

企業名 増加比率 時価総額 PER
川田テクノロジーズ 4.00% 387億円 8.92
電気興業 2.99% 400億円 18.25
国電機製作所 2.93% 230億円 12.04
サンマルクホールディングス 2.58% 560億円 16.13
キッツ 2.46% 672億円 9.85
日本信号 2.34% 794億円 13.24
森永製菓 2.27% 2,796億円 17.9
新明和工業 2.14% 1,185億円 12.72
トピー工業 2.10% 430億円 5.25
ユニプレス 2.10% 779億円 7.72
JVCケンウッド 2.08% 474億円 11.84
タクマ 2.07% 979億円 10.84
ケイアイスター不動産 2.00% 258億円 6.76
飛島建設 1.99% 211億円 4.78
新電元工業 1.97% 328億円 11.68
極東開発工業 1.96% 518億円 9.26
古野電気 1.95% 281億円 9.25
アサヒホールディングス 1.92% 880億円 9.24
ダイキョーニシカワ 1.90% 534億円 7.42
日本道路 1.82% 571億円 7.28
トーヨーカネツ 1.80% 161億円 11.76
栄研化学 1.75% 680億円 22.14
大分銀行 1.62% 491億円 10.35
SOMPOホールディングス 1.61% 15,605億円 9.26
グンゼ 1.60% 858億円 18.69
ユニチカ 1.59% 187億円 93.37
東洋建設 1.51% 407億円 7.38
三菱UFJフィナンシャル・グループ 1.50% 68,667億円 -
総合メディカルホールディングス 1.48% 461億円 12.25
熊谷組 1.44% 1,363億円 6.68
タツタ電線 1.42% 303億円 10.68
シーティーエス 1.30% 307億円 25.14
ローム 1.30% 8,580億円 26.3
キトー 1.24% 390億円 6.85
タキロンシーアイ 1.15% 604億円 4.46
メタウォーター 1.11% 975億円 17.72
南海電気鉄道 1.09% 3,062億円 15.3
福井コンピュータホールディングス 1.03% 439億円 16.07
東京エレクトロンデバイス 1.01% 199億円 8.84
光通信 0.95% 11,637億円 24.94
KNT-CTホールディングス 0.90% 412億円 22.14
ジャストシステム 0.87% 2,511億円 -
信越ポリマー 0.86% 554億円 9.09
リプロセル 0.82% 153億円 -
東京個別指導学院 0.46% 442億円 22.88

SHIFTの株価予想・企業分析(同業他社バルテス、ProVisonとの比較)

ソフトウェアの品質保証・テストの専門企業で、毎年売上高1.5倍の高成長企業。2019/10/10発表の通期決算も順調だった割に、翌日の株価が低迷していており、新規獲得しました。市場の成長余地は大きく、人の採用力が高成長維持の鍵となるため、同業のバルテス・ProVisonと比較して規模・知名度に勝るSHIFTの優位は今後も継続すると考えています。

会社概要

  • ソフトウェアの品質保証・テストの専門企業
  • テストを主力事業にする会社では、圧倒的1位の規模を誇る
  • 毎年前年比150%ぐらいの高成長企業

各種指標

PER:93.64倍
PBR:15.58倍
EPS:61.62
配当利回り:0.00%

※2019/10/5時点

業績推移

f:id:pmppd:20191005172358p:plain f:id:pmppd:20191013114804p:plain corp-research.jp

マーケット規模

  • 現状で担えるソフトウェアテストの内容から、1兆円程度と見ています。
    ※SHIFT社によるとテスト全体のマーケット規模は5兆円とのことですが、ビジネス寄りのテストや開発者寄りのテストなど、現状ではまだまだ参入難易度の高いテストも多い

  業界規模 × テストの割合 = マーケット規模
  6.8兆円 × 0.15 = 1兆円

  • ソフトウェアテストを主力事業とする競合は、VALTES(バルテス)、ProVision(プロビジョン)などですが、売上高は両者とも30億円程度。主要3社を合わせても、マーケット規模の数%程度で成長余地はかなり大きい。

参考

f:id:pmppd:20191005164449p:plain

SHIFTのスキーム

ソフトウェア開発のプロセス:設計→実装→テスト→総合テスト

  • これまで、ソフトウェア開発はSIerなどの開発会社が「設計」〜「総合テスト」まで一貫して担ってきた。
  • このうち「テスト」は独立性・専門性が高いことから、従来より安い単価でこの工程のみをSHIFT社が担う戦略
    f:id:pmppd:20191005170226p:plain
  • 基本はテストに特化した人材派遣のため、従業員数と売上高が比例する
  • テストのみ受けるため委任契約が多く、開発ベンダーと異なりプロジェクトが失敗した時のリスクも低い
  • 発注側にとって、発注費用を下げれる+これまで開発の一番のリスクであった品質を強化できるメリットがある
  • SIerなど従来のソフトウェア開発を担ってきた会社からすると、パイを奪われている面があり、今後は既存のSIerとの競争が激しくなるリスクはある

優位性、参入障壁

  • 他社と比較した時の優位性や参入障壁は低いと考えています
  • 安い単価に強みがあり、テストセンターを各地に持つなど、単純作業や機械的な作業を契約社員やアルバイトが担うことで実現している
  • ある程度売上規模が大きくなると大手SIerなども、同様のスキームに乗り出すことが予想されるが、参入障壁は高くない
  • IT業界は人材の流動性が高く、各種ツールやノウハウも広く公開され共有されているため、独自ノウハウとはなりにくい。どれだけ優秀な人材が確保できるかがカギであり、他のテスト専門会社に比べると規模や知名度を生かせるが、大手SIerと比較するとSHIFT社の優位性は高くないと見込まれる
  • また、より単価の安い中国、ベトナム、インドなどの海外勢も参入しつつあります。
  • 大手SIerが同様のスキームでの参入や、より単価の安い海外会社の参入のリスクが常にあります

バルテス(VALTES)、ProVision(プロビジョン)との比較

  • 各社順調に成長していますが、SHIFTと比較し、戦略やスキームに大きな違いはない
  • 成長率・利益率なども劣っている
  • 各社とも実態はテストに特化した人材派遣であり、マーケットの成長余地は大きく採用がボトルネックとなることから、規模・知名度による採用力を活かしSHIFTの優位は続きそう

f:id:pmppd:20191013114248p:plain

SHIFT

売上高:195.31億円
年平均成長率(直近4年):56.1%
利益率:14.5%
PER:93.64倍
PBR:15.58倍
EPS:61.62
配当利回り:0.00%

バルテス

売上高:32.8億円
年平均成長率(直近4年):16.8%
利益率:5.7%
PER:64.47倍
PBR:23.00倍
EPS:30.50
配当利回り:0.00%

ProVision

売上高:33.5億円
年平均成長率(直近4年):18.4%
非上場

将来性&予想株価

  • SIerは赤字プロジェクの発生により利益率の変動が大きいが、SHIFT社の利益率は安定している
    このため、委任での契約が主であり、プロジェクト失敗による経営悪化リスクは少ないと見られる
  • 基本は人の数に応じて売上が増えるため、安定して人を増やせることが重要
  • 売上高が圧倒的1位の知名度メリットを活かせ、マーケットの成長余地も大きいため、数年は順調に推移すると予想
  • 150%成長が続けば2年後に10,000円程度の株価を期待しています

見込まれるリスク

  • 参入障壁は低いため、ある程度の規模になるとSIerやコンサルなどが同様のスキームで単価を下げて参入し、競争が激しくなることも予想される
  • 毎年前年比150%で拡大しており、組織が急拡大について行けなくなる可能性がある
    (役員や従業員による不祥事も多い)
  • 現状かなり割高な株価となっているため、何か問題が発生した場合、株価が1/10程度になるリスクもある

購入するかどうか

  • 手間いらずと似た業種であり、持ち株がかなり偏るため、ITバブル崩壊のようなことが起こった場合の影響が大きくなる
  • リスクも高いが、すぐに大手SIerやコンサルが参入する規模でもなく、数年は順調に成長すると見込まれる
  • 10/10の決算も変わらず順調の割に株価が低迷していたため、購入しました。

2019年9月運用成績

2019年9月時点のポートフォリオと運用成績。
日経平均もアリアケジャパンも好調。

損益サマリー

取得金額 資産金額 損益(円) 損益(%) 日経比較
1,379,200円 1,605,300円 226,100円 +16.39% +13.21%

購入銘柄

2019年9月に購入した銘柄。

銘柄 購入数 取得単価
手間いらず(2477) 100株 4320円

損益推移

2019年9月末時点の損益。 f:id:pmppd:20190930222521p:plain

ポートフォリオ保有銘柄と損益)

2019年9月末時点のポートフォリオ

銘柄 取得金額 現在評価額 損益(円) 損益(%) 日経平均比較
2815
アリアケジャパン
655,000円 842,000円 ¥187,000 +28.55% +25.38%
6409
キトー
292,200円 309,800円 17,600円 +6.02% +1.03%
2477
手間いらず
432,000円 453,500円 21,500円 +4.98% +3.00%

2019年9月の主なIRニュース

アリアケジャパン

  • 特に更新情報なし

キトー

HPの「IR担当者に聞け!」が更新

  • 消費税増税の駆け込み需要なし&反動減もない見込み
  • ホイスト市場の参入障壁について
    →ニッチマーケットであること、安全性を担保する製品を継続的に供給することの難しさなどから、新規参入の障壁は高い

手間いらず

まとめ

  • 保有銘柄に懸念材料は特に見当たらず。日経平均の上昇と共に順調に推移しました。
  • アリアケジャパンをを追加購入したいが、急騰したためタイミングを見計らい中。米中関係の緊迫など、世界情勢への懸念が再燃するタイミングなど、銘柄問わず急落するタイミングで追加購入し持ち株数を増やしたいと思っています。

2019年8月運用成績

2019年8月時点のポートフォリオと運用成績。
アリアケジャパンが絶好調です。キトーは急騰するような銘柄ではないため、しばらくは様子見と思っています。

損益サマリー

2019年8月時点の損益サマリーです。

取得金額 資産金額 損益(円) 損益(%) 日経比較
¥947,200 ¥1,095,200 ¥148,000 15.63% +16.90%

購入銘柄

2019年8月に購入した銘柄です。

銘柄 購入数 取得単価
アリアケジャパン(2815) 100株 655,000円
キトー(6409) 200株 292,000円

保有銘柄と損益

2019年9月時点の損益サマリーです。
アリアケジャパンが第42期第1四半期決算も順調に推移したことにより、順調です。

銘柄 取得金額 現在評価額 損益(円) 損益(%) 日経平均比較
2815
アリアケジャパン
655,000円 805,000円 150,000円 22.9% +24.7%
6409
キトー
292,200円 290,200円 -2,000円 -0.7% -0.6%

2019年8月の主なIRニュース

アリアケジャパン

  • 第42期第1四半期報告書
    →米国子会社の売却による影響はあるものの、欧州・アジア・日本は順調に推移していました。外部環境の変化や不透明化にも素早い対応が出来ており、経営層に対して非常にポジティブな印象を抱いています。状況悪化した時の損切り対応や柔軟さこそ経営能力の発揮しどころだと思っています。 http://file.swcms.net/file/ariakejapan/ja/NewsRelease/auto_20190801480619/pdfFile.pdf

キトー

  • 特にアップデートなし。 まずは中国・香港関係のニュースに対してどの程度反応するのか、確認しようと思っています。

まとめ

  • アリアケジャパン の「四半期報告書-第42期第1四半期」が順調に推移したことにより株価絶好調(売却したアメリカ子会社を覗くと実質増収増益)。現在の評価額・損益ともに順調しました。
  • 懸念材料は見当たらず、今後も世界の健康志向の高まりや日本食需要の増加により、順調に推移すると予想しており、どこかでもう少し買い増して保有数を増やしたい。
  • キトーは低調ですが、懸念だったアメリカと中国の関係悪化の影響も限定的であり特に今後の先行きに懸念はないです。とりあえず半年程度は保有してみようと思っています。