不労所得が欲しいから株投資

SEの日本株投資。IT系多め。

2019年8月運用成績

2019年8月時点のポートフォリオと運用成績。
アリアケジャパンが絶好調です。キトーは急騰するような銘柄ではないため、しばらくは様子見と思っています。

損益サマリー

2019年8月時点の損益サマリーです。

取得金額 資産金額 損益(円) 損益(%) 日経比較
¥947,200 ¥1,095,200 ¥148,000 15.63% +16.90%

購入銘柄

2019年8月に購入した銘柄です。

銘柄 購入数 取得単価
アリアケジャパン(2815) 100株 655,000円
キトー(6409) 200株 292,000円

保有銘柄と損益

2019年9月時点の損益サマリーです。
アリアケジャパンが第42期第1四半期決算も順調に推移したことにより、順調です。

銘柄 取得金額 現在評価額 損益(円) 損益(%) 日経平均比較
2815
アリアケジャパン
655,000円 805,000円 150,000円 22.9% +24.7%
6409
キトー
292,200円 290,200円 -2,000円 -0.7% -0.6%

2019年8月の主なIRニュース

アリアケジャパン

  • 第42期第1四半期報告書
    →米国子会社の売却による影響はあるものの、欧州・アジア・日本は順調に推移していました。外部環境の変化や不透明化にも素早い対応が出来ており、経営層に対して非常にポジティブな印象を抱いています。状況悪化した時の損切り対応や柔軟さこそ経営能力の発揮しどころだと思っています。 http://file.swcms.net/file/ariakejapan/ja/NewsRelease/auto_20190801480619/pdfFile.pdf

キトー

  • 特にアップデートなし。 まずは中国・香港関係のニュースに対してどの程度反応するのか、確認しようと思っています。

まとめ

  • アリアケジャパン の「四半期報告書-第42期第1四半期」が順調に推移したことにより株価絶好調(売却したアメリカ子会社を覗くと実質増収増益)。現在の評価額・損益ともに順調しました。
  • 懸念材料は見当たらず、今後も世界の健康志向の高まりや日本食需要の増加により、順調に推移すると予想しており、どこかでもう少し買い増して保有数を増やしたい。
  • キトーは低調ですが、懸念だったアメリカと中国の関係悪化の影響も限定的であり特に今後の先行きに懸念はないです。とりあえず半年程度は保有してみようと思っています。